443 – 空の時間

出張が多くなると自然と空の旅も増える。

最近気になっていることは、飛行機に乗っている際にふくらはぎは疲れがたまる。乗る前に糖分を摂取しないほうがいいと言われて飛行機に乗ったらすぐ寝るようにすることにした。少し効果が見える。細かいところを省くが、要は消化に関わるのだろう。

空にいると、厳密にいうと飛行機に乗っていると、どうしても時間の使い方が気になる。たっぷり余った時間をどうにか有効に使いたい。だが、(格安航空はそんなサービスを提供しないが)殆どは映画を観たり音楽を聴いたりして寝るしかしていない。

昔は大量の書籍を運んだりしたこともあったものの、ページをめくる前に本を出しさえしないのだから、諦めた。

役に立つことがしたい。

それが本音だと分かったのばもう少し会社を興してからだった。なにが役に立つか。自分の勉学に励むのは当たり前だけど、飛行機に乗っていないと勉学しないなら地上にいても勉学しないに決まっている。結局は考えることにした。

そう、思考すること。

静かな時間なので、邪魔されずにまとまって思考できる。これはすごく幸せな時間だし、大好きなのだ。やりたいこと、未完なるもの、整理すべきアイデア。いろんな整理整頓ができる。

地上にできないかというとそうでもないけど。中断されるインターネットがないことはおそらく一番の原因かもしれない。

夢想することは実現したいものだ。特に夜の時間帯に着陸すると光に満ちたオレンジ色の夜景は現実に連れ戻された感触もなかなか素敵だと思っている。

旅ガラスはきっと私と同じで色んなことを考えているに違いない。

via PressSync

334 – 一番守りたいものはなんですか

20130623-003202.jpg
派遣会社で営業を務めていた時によく登録スタッフに自分のやりたいことをハッキリと明確化したほうが仕事を決めやすい。

そう伝えるように教育するし、事実はそうだったのだから、異議はない。

しかしだ。世の中ハッキリとやりたいことがある人って何人くらい言えているのだろう。上目線でスタッフにそう伝えるけれど、自分のことを棚に上げていたのは言うまでもなかった。

やりたいことを考えていないと口にするのはとても簡単。しかし、人生やりたいことがない人間のほうがおそらく多数派だろう。そうだとしたら、どうやって考えさせることができるのかがミソだと思うけど。

人生には色々と守りたいものとか捨てたいものあるいは捨てきれないものなどがたくさんあってややこしい。常識から破るには、それこそ一大仕事。

人間は積み重ねてきたものを切り捨てるのに、ものすごく大変なのだ。保証のない未来のために、変化していかなくてはならない理由はひとつもない。とみんな思っている。今から古いものを捨てろというのはそうそう理解できるものじゃない。

変化は常に外にあって自分にはまだ被害が及ばない。それが一般人の感覚なのではないだろうか。地震や事故とかもそうだが、火事でさえも隣は家が焼かれてもきっと危なかった!と口にするけれど、危ないなんてまったく思っていないのと同じ。

やりたいことはなんですか、という質問に根底に紐付けているのは、おそらくリスク管理。そこを理解できると、変えざるを得ないと思うかもしれない。

やりたくないことを避けて平穏無事に生きていりゃいいのよと、決まり文句のようにみんな言うに違いない。

だが、我が世誰ぞ常ならむ。悲しいカナ、それが我々のサダメなのだ。それに備えるためになにを一番やりたいのかなのだ。