432- 帰る場所がないところに帰りたい時間

ふと何かを書き残したい衝動に駆られていた。すごく今の気持ちを書き写したい。そんな気持ちに満ちた自分は久しい。なんなんだろう。

ネコの時間というブログをずっと自分正直に書き綴っていたのは、そのつかまえきれぬほのかな不確かさだったと思う。その瞬間瞬間を書き残すことによって振り返るのにいつかしたいという消去法的な幼稚さからくるヒラメキみたいなものだ。

しかし、書かない時間が長く流れているとどうも書いた方がいいと思えてくる時がたまにだけど襲ってくる。気持ちに余裕が出てきた証拠なのかもしれない。良しと思えないのも我がひねくれ屋さんのアカシなのだけれども。

何故書きたいのか。私には書くという行為が好きというのもあるけれど、もっと大きなとらえ方をするとすると、きっと書くときの気持ちよさが抑えきれない喜びを感じるからなのではないかと思う。狂気に近い感情なのかもしれない。

そんなどうしようもない気持ちを今まで宙ぶらりんになっていて、たまに片付けたくなるのに似ている感情なのだろうか。そうかもしれない。

そうだと思う。

431 – 帰る場所がない時間

このポストはだいぶ前に書いていたもので、2015年7月とある。あの時の心境は今でも分からないのが正直な気持ち。
長らく放置していたメルマガやウェブサイトを眺めていながらも何かを書き残したい気持ちがあるものの、文字に置き換えて吐き出して書き残せない。
この悶々とするガンごとく障害たるものはきっとこのような形で表現するものじゃないだろうなと薄々感じる。あるいはもっとちがうプラットフォームを必要とするかもしれない。じつは良うわからん。
それか、それを引き起こす何かが欲しいのかも分からない。
そんなことを考えて動き出したことがある。
かつて自分はどこに属するのかいつも不安に思うことがある。
帰るべき場所と思っていたところには自分の居場所が見つからない。どことなくここではない、どこかという気持ちだという思い込みに掻き立てられて落ち着かないままでいたのだった。
だが、ある時に悟ったのだ。
場所という物理的空間にどうしてこだわるのだろう、と。
実際の居場所は心の中にあるんじゃないかと。そう思うようになった。
飛行機の中で瞑想にひたっていたデジャヴュというのもあるかもしれない。

IMG_2540

430 – 空白の時間

久し振りにブログを書こうと思って、振り返れば最後にブログを書いたのは昨年の正月頃のことだった。時は過ぎ去っていく。

抱負を書いてあとでまた忘れるのがオチなのだろうか。ならば言わぬが金言なのかもしれない。 (さらに…)

短歌切れぬ 自己逃避という 俳句づくり

短歌切れぬ 自己逃避という 俳句づくり

IMG_8928.JPG

ふと原点に 降り戻ったとこ からスタート

ふと原点に 降り戻ったとこ からスタート

前進しているつもりで、ふと振り返って、あっ、この選択は間違っていたかもと反省する時がある。軌道修正している間に気付いたら、同じ原点に戻ってきた。そこからまたスタート。

前進しているのかなって自問自答している自分がいる。

IMG_8917.JPG

雲の多い 三連休の中 家族温泉

雲の多い 三連休の中 家族温泉

行きつけの銭湯に行った。かなり混み合っていた。家族連れは普段でも多いが、「慣れない」若者が多く見受けられた。きっと連休にお父さんに誘われて来ているのだろうとわかる。友だちがいない若者はすぐに寂しそうにたたずむのは、よくある風景だ。

見上げると、夜空には期待していた星空がなく、あったのは満点のドーナツ雲だった。

2014-09-06 19.52.39-1

田舎道 の突然とある ラブホテル

田舎道 の突然とある ラブホテル

IMG_5957.JPG

あくまでも 会いたくてというストレス

あくまでも 会いたくてというストレス

人は会いたいという欲望が満たされない時にストレスを感じるというが、会いたくて会いたくてしようがないという精神状態も一種のストレスなのではないかとも思える。

空港でお迎えをしている間に周りの人たちを見て、思った。

IMG_8840.JPG

照らされて 星々と年初の満月

照らされて 星々と年初の満月

昨夜温泉風呂で見上げると満月が闇に掛かっている。煌々と。新年の月見初め?なんてない言葉を強引に作ってみた。

新しいことは歓迎されるのは普通なのだろう。新月のように。

IMG_3929.JPG

言の葉を かき立てられて 切る啖呵

言の葉を かき立てられて 切る啖呵

日本語をひと通り読み書きができると、さらなる高峰を目指すのは世の常かと思うが、その考え自体は果たして常識的範疇かどうかはなはだ疑問符が頭の天辺から飛び出しそうではある。

和歌を詠む心は、おそらく道のりが険しいけれど、せめて努力すべきものかなと。

短歌もしばらく前にやっていたこともあるが、字を埋めるだけの作業でちっともセンスがないことを発覚・撃沈。できないからこそやりたいにようなものかもしれない。

IMG_1344.JPG

1 2 3 4 41