449 – 新天地へ移行するまでの時間

抱負を書いていた時期があったものの、幻想的すぎてあまりにも役に立たないし振り返りにもならなかったので、だいぶ前から諦めた捨てた。書く意味がよく分からなかった。

今年に入ったら日本から逃出して、東南アジアで展開していこうと考えている。昨年よりほぼ毎月の出張で種まきすべきことは結構してきたから、芽が見えてきたのだ。

やはり我慢はする必要がない。やりたいことはどんどんやっていけばいい。

片付けなければならないことはあるけれど、思い切りが大事で、捨てなければ新しいものが入ってくる余地がない。断捨離するもんだと決めればあとはどんどん捨てるだけだと思う。

仕事?海外で仕事があるので、日本のは誰かにやってもらえればいいのだ。若い人にチャンスを与えて新しいことをチャレンジしてくれる人を募集すればいい。すでに新しい事業を展開して若い人にやってもらうのを実行している。気持ち次第だ。捨てる覚悟あるならば新しいものをもらう機会も自分のために作っている。

柚子胡椒のトウガラシをインドネシアとマレーシアで試作している。事業につながると現地の人に期待することにした。

私は新たな発見と出会いの機会を探し求めていきたい。そう願いたい。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。