445 – 空港での時間

出張でバルセロナに行ってきた。

今回はバルセロナ出張が決まった時に是非一度ロンドンを訪ねたいと思った。じつは高校生の時からイギリスに行きたかった。当時は留学のつもりだったけれど、諸事情により日本に行くことになった。

最近もっぱらアジア圏しか飛ばないのだが、飛行機が10時間以上飛ぶのはかなりしんどそうに思えたから。せっかくなので、バルセロナ以外にやはり英語の通じるロンドンが行きやすいというのもあった。

バルセロナに到着する前にロンドンで乗り継ぎで、2、3時間ほど空港で滞在した。

あくまでも感覚なので、個人差はあるだろうけれど、空港で見た店舗は、アジアのどこにでもあるものばかりで、少しはイギリスがつまらない国になったのではと勝手に思った。つまり、イギリスだけでは経済効果がもうないから、出店するならアジアまで出てしまおうというものがあるのではと思った。植民地時代からすでにアジアに展開していたから、商売の基本は昔からそれほど変わらなくて、とにかく展開していくのが当たり前になったのかもしれない。とくにアメリカのマーケティングという学問が普及活動してからは、いずれ地球の隅々まで展開していたら、次は惑星まで普及していくしかない。

だが、アジアの人々からすればわざわざイギリスに来たのに見たものは全て自国にあるのだとどうしても魅力が感じないのではというのが正直に思った。もちろんそれぞれのより深い魅力はあるだろうけれど、空港で通過した時点での私の印象がそれだから、探検心は最初からけずられたという思いがどうしてもあった。

話が前後になるが、バルセロナのあとに一泊二日でロンドンを漫遊することにした。違うイギリスの一面を改めて見直したいと思い、イメージを修復したいつもりで短い間ながら存分に歩き回りまくっていた。そのことを改めて書きたいと思う。

via PressSync

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。