441 – 夕陽の時間

書くという癒し時間はすごく好きだけど、なかなか続かない。何とかして継続していきたいものの、どうも障害が多くて思うとおりにいかない。

iPadを購入してはや1ヶ月が経とうとしている。だんだん使い方が分かってきたので、書き散らしの日々が戻るといいなと。

昨日出掛けて喫茶店にも入ってコーヒーを飲みながらブログをアップデートしようかと思った。行ったモールは日曜の夕方でさすがに混み合っていた。喫茶店に入る前に突然電話が鳴った。仕事だった。

突然の電話で突然の頼みごとでまあよくあることでなんとか済ませたけど、引っかかるものがあり、あれこれ考えているうちにコーヒーもどうでもよくなり、真相を迫る踊る大作戦をせねばと。方々に電話して確認したり頼んできた人は怪しくないか(心では怪しいと思い調べているけど)などなど調べていくうちにひとつのことを閃いた。

“怪しいのに何故追求をやめないだろう。”

実はこういうことこそが本当に一番エクサイティングなのではないか。だから追求したいのだと。

どんなことが出るのか。騙されることも恐れることなくチョウセンし続けたいと思います!

駐車場で落下する夕陽を眺めるのは随分久しぶりだったのを思い出した。

via iPhone6s

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。