言の葉を かき立てられて 切る啖呵

言の葉を かき立てられて 切る啖呵

日本語をひと通り読み書きができると、さらなる高峰を目指すのは世の常かと思うが、その考え自体は果たして常識的範疇かどうかはなはだ疑問符が頭の天辺から飛び出しそうではある。

和歌を詠む心は、おそらく道のりが険しいけれど、せめて努力すべきものかなと。

短歌もしばらく前にやっていたこともあるが、字を埋めるだけの作業でちっともセンスがないことを発覚・撃沈。できないからこそやりたいにようなものかもしれない。

IMG_1344.JPG

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。