426 – 決断の時間

電子書籍を読みだしてから、紙の本を一切読まなくなった。良書もいっぱいあるのは分かっているが、急に老眼になったので、本屋に出掛けたりまた読後の処分にも困ることで読むといえば電子書籍のみとなってしまったのだ。

忙しいとどうしても読書なんかに時間をさばかない。情報は収集するが、書籍から情報や知識を得る選択肢はどうも出てこない。

全ては近道をさぐるのだ。

だが、明らかに進まないのは確かだ。より余裕を持って仕事を処理したい気持ちもあるものの、問屋は卸さない。

仕事が発生して飛行機に乗る時間ができた。片道7時間。これぞとばかりにこれまで未読でダウンロードした書籍を完読したい。

行きの飛行機では読書ができなかった。最後の最後まであれこれと仕事を終えてしかも深夜便ともあって、疲れ果てた身体は眠りに就きたいだけだった。

帰りは同じく慌ただしかった。だが、欲求だったのか、偶然にも結果的には予定の便に乗り遅れて1日伸びることになった。おかげで、そのまま空港で色々と済ませてはみたが、終えた気がしないのだ。

気にかけたことがひとつ。

片付けられないのは、結局私が決断すべきことなのにできないでいることだったじゃないかと悟った。

悩んでいると上手く処置できないまま時間だけ過ぎ去ることが多々あった。今回もそうだった。

空港で色々考えに耽った。

予定しない日なので、何も予定を入れないと余裕ができた。時にはそういうのが必要だ。色んなことを考え色んな意見を聞いてやっと意を決して邁進する方向が見えてきた。

帰りの飛行機で読書というミッションをも遂げられた。2冊ほど進むことができた。想像力が刺激されてとても有意義な時間だった。こういうのも必要だったのにしばらくは時間を作らずにいたから、心身とも不健康になったのではないかと思った。

さらに必要なのは、決断のみだ。タイガービールを飲みながらもうひとつ思考に耽ってみることにした。

20141213-233848.jpg

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。