372 – 北上してそしてとんぼ返り

20130731-232843.jpg
ものを書くという行為は自己確認とか未来の自分への手紙とか色々と解釈がある。

書いているのに、考えている、という行為が伴っていないのではないか。最近そう感じている。

インプットがあるけれど、それに対してアウトプットがないのかもしれない。

書くというプロセスは、自分の考えを書き出すはずなのに、文字を綴っているだけになってしまっている。そんな気がしてならない。

北上して福島県に行ってきた。色んな人と会ってお話を聞く。そこには自分の考えというものを話しだす。話しだすと、違うじゃないかなと疑問を持ちながら、話し続ける。そうやって確認作業を繰り返していると、自分の本当に持っている「考え」はどれなのか、さらに疑問を持つ。

でも、きっとそういうふうに繰り返していくうちに自分の考えを持つのかな。

そんなことを考えた。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。