175 – 大雪のあとの時間

非日常的な大雪の翌日、みんな朝から早く家を出て、いつもと違う行動を行なっていた人が多いようだ。

駅前のファミレスも通勤時間前の2時間あまりに余計に混んでいたらしい。飲食店の経営者としては思わぬ売上が発生しそうで、嬉しい悲鳴を上げているかもしれない。現場で働く者としてはきっと迷惑だったのではと同業者へ同情する気持ちのほうが先走ってしまった。

仕方がないといえばそれまでだ。

しかし、そんなことを思いながらも午前中にどこかに出掛けたい自分の気分転換の欲望は、月が出たら吠えまくるに違いない。非日常感に適応しようとしている自分もいる。

大きく変わると、大変なのだ。だから大きい変化が嫌われる。

でも。

気分転換って小さく変えたいのは、おそらく大きな変化への微調整なのかもしれない。そう思うことにした。

iPhone

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。