447 – 対岸の彼女

*書籍のタイトルを拝借するのはそれほどピッタリなものはないからであり、決してパクリではない。

インドネシアで移動中のこと。

東京に戻る飛行機に乗るにはシンガポールに入る必要があるが、しかしながらそうやって地理的制限内でいろんな仕事を作っていくのが我流なのである。

いつものことだけど、マレーシアやインドネシアとシンガポール辺りで現地に入ればあとはiPhoneのアプリで格安航空券を検索しては乗り継いで行く。ナン千円の航空券はもはや日本で長距離バス(あまり乗らないけど)並みでの手軽さでグローバルなビジネスパーソンの如く出張ができたわけだ。善し悪しともかく事業をも“ついつい”と展開してきた私。

それぞれマーケットには各々の特徴や活かす特性のある若者で溢れている。己の微々たる知恵で無限なる欲望を満たそうなんて微塵も考えていない。やりたいのは、これまで出会った研修生たちはみんな面白い展開を期待しての支援なのだ。可能性があるなら支援してみて新たなるビジネスができるとまたほかのだれかがつながって行くことだろう。

今回はインドネシア国内で移動している先にはライオンエアしかなくて、遠くに飛びすぎて距離的に近いけれど頻度が高くなくシンガポールに直行便が飛ばないため、乗り継ぎが必要になった。

南国のラテン系の性格も手伝って折角のことなのでわざわざシンガポールに近いバタム島に飛んで一泊してフェリーでシンガポール入りすることにした。

そして対岸にあるシンガポール。

轟々たるネオンとビル群の影法師が島の静けさを浮き彫りにし暗闇に漂う中で、夕方の海岸でなぜか隔離感が私を襲った。

彼の地でビジネスを展開しようとしているのだが、果たしてどうなるのだろうかと頭によぎる。色々とやってはいるが、どうも自分は斜に構えている傍観者そのものじゃないかと。シンガポールは知っているようで知らない彼女のこと。届きそうで届かない対岸にいる苛立ち。こんなのでいいのだろうか。

子どもの頃からシンガポールにいる親戚を訪問したりしていたものだった。決して遠い存在感の隣国ではない。しかしどうも好きになれない。無味乾燥な表面的な価値観しかなかったのかもしれない。

今はもう豊かになって深みを求める本当の国際社会になってきた気がする。それでも深入りしたいほどまだ魅力が今ひとつ。だが商売するならシンガポールを活かしていきたい。

きっとB’zのうたっているように「オマエの胸で窒息したい」ほど深入りしないといけないのかもしれない。そんなことを考えた。

天井の高いシャレーにまわっている扇風機とともにメリーゴーランドのごとく瞑想は暗闇に彷徨いまくりながらも邁進していくのだった。

シンガポールに向かうフェリーにて

446 – 長い眠りに落ちたGW

睡眠という概念は時々分からなくなることがある。たっぷり寝ることの重要性を訴える人もいれば、3、4時間あれば充分だという体験談から説得する人もいる。疲れていれば寝ればいいと私もそう思うのだが、ふと睡眠不足かと疑いそこから延々と眠りに落ちる時もなきしもあらず。

睡眠不足の原因を追求すべきだと改めて思って、自問自答してみた。きっと悩んでいる項目が山積しているからのせいだと整理して分かった。どれを選んで先に解決するかはそこまで至っていない。やりたくないのかなんなのか放置気味なので、性格上おそらくやりたくないじゃないかと薄々と感じている。だが今は昔と違って責任の持ち方や考え方が変わってきたから、いわゆる直感ーーファースト思考ーーだけでは見えてこないものも多々あるから、理性で整理する必要があるのだと思っている。

と思って、考えている時間にスマホを握りながら寝ては起きまた考えては寝る。繰り返しているうちにGWの連休も明けてしまった。

決めちゃおう。

ロンドンでのタクシー。コンパクトで良く走る。

via iPhone6s

445 – 空港での時間

出張でバルセロナに行ってきた。

今回はバルセロナ出張が決まった時に是非一度ロンドンを訪ねたいと思った。じつは高校生の時からイギリスに行きたかった。当時は留学のつもりだったけれど、諸事情により日本に行くことになった。

最近もっぱらアジア圏しか飛ばないのだが、飛行機が10時間以上飛ぶのはかなりしんどそうに思えたから。せっかくなので、バルセロナ以外にやはり英語の通じるロンドンが行きやすいというのもあった。

バルセロナに到着する前にロンドンで乗り継ぎで、2、3時間ほど空港で滞在した。

あくまでも感覚なので、個人差はあるだろうけれど、空港で見た店舗は、アジアのどこにでもあるものばかりで、少しはイギリスがつまらない国になったのではと勝手に思った。つまり、イギリスだけでは経済効果がもうないから、出店するならアジアまで出てしまおうというものがあるのではと思った。植民地時代からすでにアジアに展開していたから、商売の基本は昔からそれほど変わらなくて、とにかく展開していくのが当たり前になったのかもしれない。とくにアメリカのマーケティングという学問が普及活動してからは、いずれ地球の隅々まで展開していたら、次は惑星まで普及していくしかない。

だが、アジアの人々からすればわざわざイギリスに来たのに見たものは全て自国にあるのだとどうしても魅力が感じないのではというのが正直に思った。もちろんそれぞれのより深い魅力はあるだろうけれど、空港で通過した時点での私の印象がそれだから、探検心は最初からけずられたという思いがどうしてもあった。

話が前後になるが、バルセロナのあとに一泊二日でロンドンを漫遊することにした。違うイギリスの一面を改めて見直したいと思い、イメージを修復したいつもりで短い間ながら存分に歩き回りまくっていた。そのことを改めて書きたいと思う。

via PressSync

444 – 気疲れの時間

空港に到着すると自然に疲れがわっと出てくる。それは飛行機に乗る時間が長い時のためなので、だいぶ慣れてきた。

だが、日本に戻ってくると、もうひとつ違う疲れが出てきた。世間体というものの空気感のせいなのだろうか?羽田空港からキャリーバッグを引っ張って金曜の夜に電車に乗るだけで、本当にどうでもいいようなオトナがキャリーバッグに射る視線がイヤラシイ。言いたいことが読めるけれど、無論無視することにしていた。そういう人に限って会社ではどうでもいいような存在感できっと生き方にも面白みのないものに相場が決まっている。そうでなければそんな思考停止の視線で優越感を覚えたい人はいない。

ただ、それがこっちの身体に余計なストレスを感じる自分がいて健康に悪いのが伝わる。この世間体は一体全体どうしたのだろうか?

発散する方法は次に来るタスクをいかに効率良くクリアしていくかを考えることにして空で色々思考した計画や決めたことを改めて思い出しながら時間配分をしてみた。

ラーメンが食べたい。温泉でゆっくりと浸かりたい。それが日本に帰ってくる時の楽しみかもしれない。

via iPhone6s

443 – 空の時間

出張が多くなると自然と空の旅も増える。

最近気になっていることは、飛行機に乗っている際にふくらはぎは疲れがたまる。乗る前に糖分を摂取しないほうがいいと言われて飛行機に乗ったらすぐ寝るようにすることにした。少し効果が見える。細かいところを省くが、要は消化に関わるのだろう。

空にいると、厳密にいうと飛行機に乗っていると、どうしても時間の使い方が気になる。たっぷり余った時間をどうにか有効に使いたい。だが、(格安航空はそんなサービスを提供しないが)殆どは映画を観たり音楽を聴いたりして寝るしかしていない。

昔は大量の書籍を運んだりしたこともあったものの、ページをめくる前に本を出しさえしないのだから、諦めた。

役に立つことがしたい。

それが本音だと分かったのばもう少し会社を興してからだった。なにが役に立つか。自分の勉学に励むのは当たり前だけど、飛行機に乗っていないと勉学しないなら地上にいても勉学しないに決まっている。結局は考えることにした。

そう、思考すること。

静かな時間なので、邪魔されずにまとまって思考できる。これはすごく幸せな時間だし、大好きなのだ。やりたいこと、未完なるもの、整理すべきアイデア。いろんな整理整頓ができる。

地上にできないかというとそうでもないけど。中断されるインターネットがないことはおそらく一番の原因かもしれない。

夢想することは実現したいものだ。特に夜の時間帯に着陸すると光に満ちたオレンジ色の夜景は現実に連れ戻された感触もなかなか素敵だと思っている。

旅ガラスはきっと私と同じで色んなことを考えているに違いない。

via PressSync

442 – 桜の時間

桜の花見が日本の売り物になって久しい。

世界中から観光客が日本に集まり、結局どこに行っても外国にいる気分になる。十なん年前と違うところは、すでに日本に慣れている観光客が多いにあるかもしれない。何度も来ているから、花見ならここだよ、帰りにどこどこの団子を食べたほうがいいよなど。異国に来た気分に包まれたのはこっちだけど。

最近は月の半分は海外に出張している。花見する時間も作らずにいる。もういっぱいみたしという思いが強い。

だが、先日スーツやコートをクリーニングを出しに出掛けたら目の前に満開だった。思わずスマホを取り出して写真を撮ってしまった。近くで見るとやはり美しいなあとは思う。

さらば冬ひらひらと舞い散る桜

じっとしているとそうでもないかもという思いがかすかによぎった。あのそよぐ風とのコラボこそ花見の醍醐味かもしれないなあと改めて桜を謳歌してみたくなった。

こうやってほんの少しだけのすきま時間に楽しませてくれるのは桜の偉大なるところだなあと。

via PressSync

441 – 夕陽の時間

書くという癒し時間はすごく好きだけど、なかなか続かない。何とかして継続していきたいものの、どうも障害が多くて思うとおりにいかない。

iPadを購入してはや1ヶ月が経とうとしている。だんだん使い方が分かってきたので、書き散らしの日々が戻るといいなと。

昨日出掛けて喫茶店にも入ってコーヒーを飲みながらブログをアップデートしようかと思った。行ったモールは日曜の夕方でさすがに混み合っていた。喫茶店に入る前に突然電話が鳴った。仕事だった。

突然の電話で突然の頼みごとでまあよくあることでなんとか済ませたけど、引っかかるものがあり、あれこれ考えているうちにコーヒーもどうでもよくなり、真相を迫る踊る大作戦をせねばと。方々に電話して確認したり頼んできた人は怪しくないか(心では怪しいと思い調べているけど)などなど調べていくうちにひとつのことを閃いた。

“怪しいのに何故追求をやめないだろう。”

実はこういうことこそが本当に一番エクサイティングなのではないか。だから追求したいのだと。

どんなことが出るのか。騙されることも恐れることなくチョウセンし続けたいと思います!

駐車場で落下する夕陽を眺めるのは随分久しぶりだったのを思い出した。

via iPhone6s

440 – 肉天ぷらの時間

美味しい店にはそれなりのオーラが出ているはずと思っている。人間と一緒で他人に伝えたいメッセージ性は店にもあるはずなのだから。
歩きながらこの店は魅力があるのかどうか常にチェックしている。チェックしているうちにだんだん雰囲気から分かるようになってきた。おかげで今では「見れば分かる」ようになった。
とある日のこと。店を探そうとして、小道に入ったところになんとなくさらに入っていけばありそうだなと思って案の定店があった。暖簾をくぐると、なんということでしょう!地元らしきおばちゃんおじちゃんで溢れんばかりの活気ぶりに少し圧倒された。
壁に貼ってあったオススメを眺めながら取り敢えずビールを注文した。すぐにオススメもおさえておいた。
そして、出て来た肉天ぷらが写真の通り!
旨いもなにも!
肉揚げではなく、肉天ぷら。なんだか学生食堂に出て来そうなメニューだ。何故か学生時代の食事を思い出してしまった。
そのあと焼酎を注文し、ちびちびすすりながら今宵の幸福感を満喫していったのだった。

via iPhone6s

439 – タイ料理の時間

タイ料理は辛くて美味しい。

あっさりとしているものが結構あってとりわけサラダは別品だと思う。

昔から好きだけど、最近サッパリしたい時に良くこの一品を探し求めてタイ料理を食べ歩きしているほどだ。

先日行ったところは閉店しかけていたけど、海老サラダを作って欲しいと言ったらいいよと入店させてくれた。

注文を受けてからの手づくりでかなり時間がかかった。途中、パクチーを取ってくると言って外の庭からひと握りのパクチーを摘んできた。

海老サラダが出された瞬間からあの香味ったらない! やはりこれは心に沁みる味だなあと感激して汗が出ていた。

考えた。

料理はやはり愛情なのだ。タイ料理に込めた愛情はきっと全員幸せになって欲しいと願っている違いない。

via iPhone6s

438 – 海辺での時間

近年日本でお正月を迎える気分が全くなくなった。どこかちがう場所で過ごすのがいいと思うようになった。

その結果昨年は日本脱出計画をした。仕事を兼ねて。
喧騒なクリスマスを過ごさずに年末年始のハッピーニューイヤーの挨拶(それほどないけれど)もなく静かに海の波を眺めながらのんびりと砂浜を歩いていた。これが望んだのだったと思えるほど海は波が高かったけど、心は穏やかだった。風に吹かれながらも冷たくはなかった。

思えば若い頃良く海に行っていたものだった。潜ったり泳いだりサカナたちと戯れたりして浜辺の屋台店で夕日を被せたイタメシを頂きながらリーマン生活の脱出を瞑想していたことが多々あったのだ。

恐らく海は気持ちを清らかにさせてくれるだけでなく、考えなどを浄化してくれてもいるのではないだろうかと思ったことがあった。ほぼ同じ経験の人が同じ狭い社会でひしめき合いながら取るに足りないことを一生懸命に悩んでいたように——今になって——思えた。あれが精一杯の人生だった。

海辺で教えてくれたこと。海が静かに囁いでくれたこと。全てはとても大切な些細なことだった。

大事にしたいものだ。

via iPhone6s

1 2 3 41